タイピングに挫折する理由

速さについていけずに落ち込みました・・・

タイピングのHPに行っても、やたら速さばかり競っていて、
全然ついていけず、うまくなろうと思っていったのに、
そこに行ってかえって落ち込んでしまいました。

【稲川さん(女性)東京都、20代】

初心者には、中上級者のように速く打つなんてできるはずが
ありません。だから挫折してしまうんですね。

初心者の方は覚えるために行っているのに、そこは、その点に重点は置いて
おらず本来、そこは中上級者が速くなるために行くところだからです。
挫折して当たり前です。初心者には初心者向けのやり方があるのです。

挫折
教室に行ったけれど、ソフトで練習???

タイピング教室に行ったけれど、そこでは、
ソフトを使うだけで、何週間も通ったのに、
結局覚えることができなくて、がっかりした、
とおっしゃっておられました。

【山内さん(女性)大阪府】

そこの教室のやっていることの意味が分からないですね。
教室に行っているのにソフトで練習するなら教室に行く
必要はないですね。

お話によると英国製の高額のソフトを使うとこのと。
そこにいかれた方が他に2名ほど来られました。
2~3週間も通って結局、皆さんできなかったわけです。

今までパソコン教室を運営してきて、5名様だけ最初からできる方が
いらっしゃいました。どこかの教室で習ったそうです。
5人中お二人はかな入力の方で、あとお三方はローマ字入力でした。

詳細は忘れましたが5名様とも、1ヶ月半とか2か月かかったそうです。
当教室なら2日間でできるのですが!

ソフトは飽きて続きませんでした・・・

購入したタイピングソフトで練習したのですが、 キーの位置を
なかなか覚えられないし、なんか単調な繰り返しで
途中で飽きて、なかなか続かなかったです。
【石崎さん(女性)福岡県、40代】

単調なうえに何週間も続くわけですから。9割強の人には
向かない練習方法ですね。面白いのは2~3日で、その面白さが
何週間も続くことはないからです。

ソフト相手に練習すると、時間がかかるんですね。
私も2ヶ月40時間以上かかりましたから。
何らかの強いプレッシャーが無いとなかなか続きません。

挫折

他の皆さんやあなたも同じではないしょうか。

私もそうでしたから、よくわかります。


正直言うと、それらのソフトで練習しても、
サイトに行っても、殆どの人には結局できません。

今まで受講された方にお聞きしてもそうです。

私の目から見て、それらのサイトやソフトは覚えてから
速くなるためにはいいと思いますが、初心者向きではないんです。

正直、作成している人たちは初心者の人たちに
必要なことがわかっておられないと思います。

こんなにタイピングのソフトやサイトや本があるのに
できる人の割合は、私の経験上数パーセントだと思っています。

だからあなたができなくても当たり前なんです。

タイピングが、何故できないのか?

タイピングの件で受講者の方に本やソフト、HPの件で 
アンケートをとるので、その結果をお伝えしようと思います。

本でマスターできるか?

まず、本で習得するのは非常に難しいと思います。 

アンケートでは、『本を使って練習した』という方は、
20年間やってきて、数名の方しかおられません。

本を見ながら、書いてあることを理解して実践するのは
ブラインドタッチ初心者の方には至難の業だから当然ですね。 

では、ソフトではどうか?

私も「特打」というソフトを使って覚えましたが
非常に時間がかかりました。

いろんなソフトがあると思いますが、
長期にわたればできるかもしれないし
できないかもしれない。

ただ、ひたすら続けてやるのがコツでしょうか

アンケートの共通項で、皆さん飽きてきて、
ほとんどの人が止めてしまうとのことでした。

ごくごく、稀にできる人はいると思いますが。

私の場合2か月近く、時間的に40時間前後かかりました。
これが99%の方たちが挫折する理由です。

忙しい、ビジネスマン、OLの方にはお勧め
できない方法です。というか続かないでしょう!

では、タイピングのサイトはどうか?

結論から言うと、タイピングを覚えてからなら 
それらのサイトは非常に有効だと思います。

あなたのタイピング速度を必ず速くしてくれると思います。
ですが残念ながら、覚えるためには向いていません。

受講者の方たちのサイトのアンケートで共通項は 
全然ついていけずに、挫折した、それどころか自信を
無くした!という答えばかりでした。

本当に、それらのサイトや、ソフトはタイピングを
覚えてからなら、非常に有効です。

ですが、初心者の方たちには、
挫折と自信喪失につながるのがオチのようです。

そんな経験をしているうちに、 みなさん
「自分で覚えるのは難しい…」 「自分には無理…」
と思うようになって、挫折してしまうんですね。

私も同感です。 私もずっとそう思っていましたから。

私もタイピングができなかったんです。


できるための結論は?

できるコツは一つだけです。本もソフトも、サイトでも
ただひたすら、打ち続けて打ち続けて、覚える。 これしかないです。
だから時間がかかる、これも共通項です。
だからほとんどの方にはできない。これも共通項です。

あなたの周りのできる方に聞いても、それしか答えがないはずです。
周りのできる方は、人に教えることはできません。
なぜなら、ご本人も、なぜできたのかわからないから。

ただ、続けているうちにできたとしか言えないはずです。
だから、ただやり続けるだけとしか言えないはずです。

だから自己流は時間のムダなんです。

おそらく95%強の人たちはできておられないと思います。
自己流でやるのは何事もそうですが、時間が無駄になることが
実に多い。やはりプロに習う方が早く覚えられます。

当教室なら、20年の教室運営の中で体系化しているので
なぜできるようになるのか、その理由を説明できます。
そのできるための手法も持っております。だから再現性があるのです。

皆さん、こんなお悩みをお持ちです。

今までの受講生の方にお聞きしたり、アンケートを
書いていただいた、その中で多い意見をここに書きます。

★A4用紙1、2枚に入力するのに何時間も・・・
タイピングできないと、必死こいて打っても10分間で
500文字が限界のようです。だから普段は200文字から
よくても300文字くらいしか打てません。
だから時間がかかるんです。しかも疲れるんですね。

★肩こりや首の疲れが取れない・・・
手元見て、モニター見て、資料見て、そんなに
目まぐるしく頭を動かしているので仕方ないですね。

★やっぱりカッコ悪い・・・①
手元見て、モニター見て、資料見て、
また手元見て、モニター見て、資料見ての繰り返し。
両手の人差し指で打っているから、
ご本人もはた目にもカッコ悪いなぁと思っているそうです。

★やっぱりカッコ悪い・・・②
スタバに行ったりしたときにMacBookや、Surface Pro、ipad proを
使っている人をよく見かけます。かっこよく見えるのですが
残念ながら、両手の人差し指を使って打っている方がすごく多い。
エンターキーを人差し指で打っているんですね。それでは手の移動距離が多くて
ムダが多くて早くなれません。せっかくいいパソコンを持っているのに、
やはりカッコ悪いですね。m(_ _)m

★パソコンに触るのは気が重い・・・
タイピングできないので、手元見て、
モニター見ての、繰り返しで肩こりや首の疲れ、
目の疲れがたまっては、仕方ないですね。

★自分だけできないことに劣等感を・・・
周りのみんなはできるのに、自分だけ
できないと、つらいですね。自分ひとり、
いつも書類を出すのが遅いから・・・

★できるようになりたい、でもできないのジレンマ・・・
皆さん、何年もできるようになりたいと思ってご自分なりに
ソフトやサイトに行って練習をしておられました。

でも結局できない、でも、もしかしてできるかもしれない、
でもできない。というジレンマに陥っている方が多いです。
そのジレンマを何年も抱えているのは気が重いですね。

★正しい練習方法がかわからなかった・・・
このお話も多かったですね。本は論外という方がほとんど。
ソフトもたくさんありすぎて、どれがいいのかわからなかった。

HPにも行ったけどただ打つだけみたいで
どうやって覚えればいいのか、わからなかった。
これが上に書いたジレンマの原因かと思います。正しい方法が
わかっていれば、後は練習すればいいだけになりますから。

★転職に踏み切れない・・・
タイピングできないので転職・就職に踏み切れずに
我慢しておられる方が多いです。

今時、即戦力を求める企業が圧倒的です。面接のとき
タイピングのテストがあったりしますから。

また転職・就職に踏み切れずに我慢することが
ますますストレスをため込むことになります。

皆さん、こんなに苦労されています。

人差し指だけの1本指入力つらいでしょう。

マジメに打っても、わずかな文字しか打てない。
最低でも今の3倍以上、文字を打たないといけないのに。
打ちたくても打てないのは、つらいし腹が立ちますね。

肩こりや目の疲れもたまってくるし、
そのうえ打つのが遅いので、上司や同僚の視線も気になる。

それがずっと続くので我慢し続けて、つらいですね。
ストレスが、ずいぶん、たまっていませんか?

まだ決心できませんか?

ですが、この状態があと何十年も続くんですよ。

毎日、毎日、書類を見てうんざりし続けますか?

もううんざりだ

打つのが遅い自分に、ずっと怒りを感じ続けますか?

首や肩こり、目の疲れでストレスをためながら、ガマンし続けますか?

周りの人の嫌な視線を感じながらガマンし続けますか?


それでもいいと言われるなら、仕方ありませんが・・・。

今までの受講者の方も、あなたと同じで、苦痛の日々を過ごしておられました。
しかし、このままではダメだと、ついにその苦痛から解放されたい
決心されて当教室で受講されました。

あなたの大切な時間を無駄にしないでください。

できるのか、できないのか、わからないような
ムダな練習をして、貴重な人生の時間を無駄に
しないでください。

報告書や資料作成で、毎日、苦痛を
感じながら過ごすなんて、どうぞやめてください。
ちゃんと身につける方法があるのですから。

当講座を知る前であれば仕方ないかと思います。
でも当講座があることを知ったのですから、この機会を大切に
してください。それはご自分を大切にすることでもあります。

お金がかかる・・・。はい、たしかに。
しかしできなければ返金保証もあります。
ですが一度も返金したことはありません。

しかし、このままできないでいる方が、その苦労と、苦痛と
損失をお金に換算すれば、その何十倍もの損失だと思いますが。

最初は半信半疑だった方も
3時間×2日間=6時間で覚えられて大喜びで帰られました。

今まで、ガマンして、ガンバッテこられたからこそ
タイピングができるように、ご自分に2日間の
ごほうびをプレゼントして
あげてください。

本当に、最優先すべきことは、タイピングが
できるようになることなんです!なぜなら

タイピングできない=仕事が遅い

タイピングできない=目、首、肩の疲れがたまる

タイピングできない=ストレスがたまる

タイピングできない=自分の評価を下げる

タイピングできない=自分に腹が立つ

タイピングできない=こんなにマイナスがあります。

だから、仕事をする以上、最優先事項なんです。

三菱東京UFJ銀行が約6000人も削減、
NECも3000人希望退職募集
と発表しました。
何が起きるかわからない時代です。
万が一に備えてタイピングできるようになりましょう。

なぜ打つのが遅いのかを見える化する


こんな状態が延々と続いていくのです。だから、
苦労のわりには"わずかな文字数しか"打てないんです。

そんな方たちが鮎川式タイピングを受講すると
2日目のお昼過ぎには覚えて打てるようになられます。

その証拠映像です。

2日間で、タイピングができる
ご自分に出会った50代以降の方たちです。

坂田さん(仮名)53歳 女性 千葉県印西市

坂田さんは精神科の医師で2018年3月21日、午後3時から、3月22日、
午前10時から受講されました。坂田さんの二日目の映像をご覧ください。

坂田さん 二日目の午前10時半ごろの映像。
もうすでに、下を見ずに打っておられます。

坂田さんは、初日2時間10分、2日目1時間14分
合計3時間24分でタイピングを習得されました。
大学生の方や20代の方たちと同じくらいの習得速度でした。

受講後のアンケートで受講動機を書いておられます。
2か月後に開業するためキーボードを見ないで患者さんの顔を
見ながら入力する必要が出てきたので』
と受講されました。

また、『他の方法で身に着けるためにかかる時間のことを考えると、
高くはないと思います。これなら10万円でも価値があると思います』
とご感想をいただきました。

『科学的ですね!』

精神科の医師である坂田さんから、『脳や学習心理をよく勉強されて
講座を作られているので、科学的ですね』の言葉を頂戴しました。
専門の先生から褒められて光栄でした。

田中恭子さん 55歳 女性 兵庫県宝塚市

2017年10月27日、28日に受講されました。
田中さんの二日目午前10時過ぎの映像をご覧ください。

田中さん 午前10時過ぎの映像。ア行からワ行までですけど、
もうすでに、手元を見ずに打っておられます。


田中さん午後1時少し前、もうすでに短文を打っておられます。
昨日まで両手の人差し指を使っておられたのに。

田中さんは、1日目3時間、2日目1時間45分、合計4時間45分で
手元を見ずに文字を打てるようになられました。
20代や30代の方たちと同じ習得速度でした。

レッスン終了後アンケートに書いておられます。
ついキーボードを見て打っていたのが、嘘のように、キーボードを見ずに
打っていました。イメージトレーニングの効果があったと思います


鮎川式タイピングは、一種のイメージトレーニングを利用した習得法です。
だから2日間でタイピングを習得できるのです。

10月29日、田中さんからメールを頂戴しました。 タイピングできました。
田中さんも書いておられるのですが、タイピング初心者の方たちには
ノートパソコンのキーボードは、打ちにくいのです。
理由は簡単です。キーが密着して、キーボードがフラットだからです。

覚えてからなら大丈夫なのですが。タイピング初心者の方たちには
外付けのキーボードをお勧めしています。

加藤さん 57歳 男性 東京都多摩市

2017年10月30日、31日に受講されました。
加藤さんの二日目午前10時半ごろの映像をご覧ください。

加藤さん 午前10時半ごろの映像。ア行からワ行まで、
もうすでに、下を見ずに打っておられます。

加藤さんは、初日3時間、2日目1時間57分
合計4時間57分でタイピングを習得されました。
30代の方たちと同じ習得速度でした。

レッスン終了後アンケートに書いておられます。
大変良かった。マンツーマンで教えていただいたうえで、
何回も繰り返し指導していただいたので、身についたと思う
(体が覚えたと思う)

58歳の女性の方も・・・

☆2016年8月29日、30日 一木さん(仮名)女性 58歳 東京都世田谷区

2日目朝の映像です。もう手元を見ずに入力されています。

その一木さんから以下のメールを頂戴しました。
その画面のスクリーンショットです。

mail

メールでご希望の資料は勿論送信しました。

レッスン終了後アンケートに書いておられます。
ゆっくり段階を踏んでの授業、繰り返しの練習が良かった。
洗脳されるような感じで覚えられ、自分でもびっくり。
具体的な説明がとても良かった

島谷さん(仮名)62歳(男性)東京都武蔵野市

4月14日(金)15日(土)に受講された島谷さん
なんと1日目2時間40分。2日目1時間40分合計4時間20分で覚えて帰られました。
10代や20代の方たちと同じような習得速度でした。私も本当に驚きました。

映像は二日目の朝の映像で、初日あ行からわ行まで
覚えられて、練習されている光景です。

その島谷さんから受講翌日にメールを頂戴しました。 お客様の声
本文の下から7行目に
>早速この文章から始めております。
もう受講終了の翌日から、手元を見ずに打っておられるんです。

レッスン終了後アンケートに書いておられます。
成果が短時間で現れたことに驚いた。私の場合短い時間で
終わったようだが。時間に対し濃い内容だと思った。
一般的な講習会とは異なるユニークな学習法を予想していたので、
特段違和感はなかった

50代の方たちができたのですから
20代、30代、40代の方なら大丈夫ですね!

内藤さん 大学生 男性 東京都新宿区

上記映像を見て大学生の内藤さんが、
「50代の方でもタイピングを習得できるなら、自分も大丈夫だと思った」

受講されました。大学生の内藤さんのタイピング映像です。

大学生の内藤さんからすれば、50代以降の方たちは、内藤さんの親御さんと
同じ年代ですから。
大丈夫と思うのは当然のことですね。

2018年1月9日、10日に受講されました。
内藤さんの二日目午前10時半ごろの映像をご覧ください。

内藤さん 午前10時半ごろの映像。ア行からワ行まで、
もうすでに、下を見ずに打っておられます。

内藤さんは、初日3時間、2日目1時間15分
合計4時間15分でタイピングを習得されました。

受講後のアンケートに書いておられます。
50代の方でもタイピングを習得できるなら、自分も大丈夫だと思った。
イメージを使ったやり方で短時間に身に着けれられたのが良かった

中村さん(仮名)30歳 男性 大分県大分市

同じく上記映像を見て30歳の中村さんが、
「年齢が上の方でも身につけられているので自分にもできると思った」
受講されました。30歳の中村さんのタイピング映像です。

2018年2月2日、3日に受講されました。
中村さんの二日目午前10時過ぎの映像をご覧ください。

中村さん 午前10時半ごろの映像。ア行からワ行まで、
もうすでに、下を見ずに打っておられます。

中村さんは、初日2時間40分、2日目1時間35分
合計4時間15分でタイピングを習得されました。

受講後のアンケートに書いておられます。
年齢が上の方でも身につけられているので、自分にもできると思った。
最初はどのように講座が進んでいくのかなと思っていたのですが
最後には点と点がつながったと言いますか、全ては必要な行程だったと
感じることが出来ました』

41歳の野崎さん 宮崎県宮崎市

☆2016年9月7日、8日。40代だからできて当たり前ですね。


2日目朝の映像です。もう手元を見ずに入力されています。
当教室では、当たり前の光景です。
野崎さんから以下のメールを頂戴しました。
その画面のスクリーンショットです。
mail
レッスン終了後アンケートに書いておられます。
単純・明快・反復で分かりやすい。自然に身についた。

草場さん(仮名)43歳 女性 神奈川県川崎市

2018年4月10日、4月11日受講されました。
草場さんの二日目の映像をご覧ください。

二日目のお昼前ごろの映像です。
もう下を見ずに打っておられます。

草場さんは、初日2時間48分、2日目1時間50分
合計4時間38分でタイピングを習得されました。

受講後のアンケートに書いておられます。
『会議録や講演のテープ起こしで、遅すぎて死にそうで疲れたから
受講しました』と。

二日目の朝来られて開口一番「何だか覚えている風ではないですね」
と言われました。
今までの受講者の方も何人かの方はそういわれました。

しかしレッスンが始まると、本当に覚えていることに皆さん驚かれます。
草場さんも嬉しそうに喜びをお顔いっぱい表現されました。

それはそうですよね。昨日まで両手の人差し指で打っていた方が、2日目の
お昼前には、手元を見ることなく全部の指を使って打っているわけですから。

その草場さんからメールを頂戴しました。
私が受講のお礼のメールをお送りして、その返信です。
お客様の声 草場さん

受講の翌日に、「疲れが半分以下でした。何故ならば、
首の上下がなくなったからです」
このお言葉からも、
もうすでに手元を見ずに打っていることがわかりますね。

「福岡に行ったかいがありました」
うれしいお言葉です。ありがとうございます。

以上、証拠映像のほんの一部です。

★『お客様の声』のところにもっとたくさんの映像や写真があります。★

映像を載せている教室は、当教室だけです。

当教室以外で、実際にタイピングができている映像を
のせているところが、他にあるでしょうか?


50代の方は勿論、20代の方の映像さえ、UPしているところは
皆無でしょう。ましてや3時間×2日間で出来るようになった映像を

公開しているのは日本で唯一、当教室だけでしょう。

どうぞ、この事実をご承知おきください。

それをご理解いただいたうえで、申します。
圧倒的な映像という証拠を見ても、まだ決心できませんか?

このまま、1本指入力を続けますか?
このまま、ムダな練習を続けますか?
このまま、ストレスをため続けますか?
このまま、上司や同僚のイヤな視線をガマンし続けますか?

このまま、イヤな日々を何十年も続けますか?
イヤな日々から抜け出そうと決心された方たちは

皆さん、1日目の終わりにア行からワ行近くまで打てるようになり驚かれ
2日目のお昼ごろにはガ行からパ行まで打てるようになり驚かれます。
皆さん4時間半から6時間弱でできておられます。

3時間×2日間のごほうびで、タイピングが
できるようになった、新しいご自分と出会えますよ。

鮎川式タイピングの特徴は
『短時間で覚えて、短期間で速くなれる』です。

短時間は『3時間×2日間で覚えることができる』こと。
短期間は『3週間から4週間の間、1回10分の練習を1日、ほぼ1回で
遅い人でも2級レベル、通常は準1級から1級レベルの速さになれる』
ということです。

ワープロ検定の
2級レベルは10分間で500文字以上
準1級レベルは10分間で600文字以上
1級レベルは10分間で700文字以上

20代から30代のほとんどの方が、準1級レベルから
1級レベルになっておられます。

習得時間・練習時間の比較

タイピング教室、ブラインドタッチ教室で検索すると
当教室を含めて上位3位にランクインしている教室があります。
当教室とA社とB社。A社とB社をリサーチしてみました。

3社 習得時間・練習時間の比較表

A社 B社 当教室
習得時間 不明 不明 3時間×2日
計6時間
練習時間 不明 不明 10分×30日
計5時間
合計時間 45時間
(習得・練習含む)
42時間
(習得・練習含む)
11時間
(習得・練習含む)

私に6時間ください。あなたに
タイピングをマスター
させます。

特典

いま受講者されると以下のものを無料で受け取れます。

特典の内容です。
1.一生忘れないための練習音声と資料(非売品です)
  レッスン中の私の音声を録音したものと資料をお渡しします。
  通勤電車やバスの中で音声聞きながらイメージトレーニング。
  楽に、キーの位置を脳の奥深くに焼き付けることができるんです。
  タイピング音声
  (練習時に必要ですので音声は直接スマホとPC宛に送信します)
  
2.5分でできるテンキーのタイピング映像(3,000円)
  この映像を見た後に、60代の主婦の方も、70代の方たちも
  テンキーのタイピングができるようになりました。
  テンキーの音声
  
3.12年間、準1級、1級レベル続出の練習方法(非売品です)
  12年間、ずっと同じ資料と、同じ練習方法を使っています。
  なぜなら、準1級、1級、さらには800文字、900文字以上打てる方を
  輩出している方法だからです。
  長文入力
  
4.入力を楽にするための単語登録映像(1,500円)
  面倒くさい単語や、長いアドレスをまとめて登録して入力を楽にします。
  医師の方に好評で「こうけつ」と打って「高血圧症」「High blood pressure」と
  変換候補に出せます。それらをまとめてやる方法の映像です。(約20分)
  便利な単語登録

  
5.長文入力アシスト3Basic (42,000円)
  (日本で当教室でしか、お教えしていない方法です。唯一撮影OKです)
   三菱商事の方は「周りの人に教えたくない」と言われた方法です。
   文字入力に対する見方が180度転換する方法で、東京工業大学の教授に
   「そんなことできるんですか?」と驚かれたテクニックです。

   このテクニックがあるからこそ、ごく短期間で準1級レベル、
    1級レベル、あるいはそれ以上早い人を輩出
しているのです。

8月26日までの期間限定です。

本当に、私にできるのかな?

たいていの方は、いえ、受講をお考えの方は全員、
ご心配かと思いますが、当サイトの「よくある質問」にも
書いていますとおり、70代の方も12時間でできておられます。

もちろん、60代でも70代の方でも40代の方と変わらない
習得能力をお持ちの方はいらっしゃるかもしれませんが。

まさか40代までの方が、70代の方と同じ時間
かかるなんて普通はありえないでしょう。

まだご心配ですか?

では、20年以上の経験からお話ししましょう。まず高校生、
大学生、20代の方は、超の字がつく楽勝で覚えれます。
30代の方も楽勝で覚えれます。40代半ばまでの方も楽に覚えれます。

もちろん例外的な方はおられます。しかしその割合は、
20年以上の経験から申し上げますが、各年代にお一人か、
お二人くらいです。20年以上の年月の間でその人数です。
だから99.9%の方は大丈夫だということです。

年金の受給開始は70歳から。2018年9月に
政府は3年をめどに実現する方向で調整に入りました。
若い方は長い年月、働かないといけなくなります。
今30代の方は、あと40年以上、40代の方は
あと30年以上、ガマンして一本指で打ち続けますか?
例えば30年間働くとして、週休2日で年間260日働きます。
1日8時間として年間2080時間。30年で62400時間
になります。その長すぎる時間を苦労しながら
ストレスをためながら仕事をやっていきますか?

ホワイト企業だから、この時間ですけど、ブラック企業では
何千時間、いえ何万時間ふえるのかわかりませんけど・・・。

当教室なら3時間×2日間で覚え、
短期間で準1級、1級になれる
方は

ざらにおられますけど・・・

今、あなたは大事な人生の分岐点に立っています。

TOPページに書いていますがタイピング(ブラインドタッチ)が
できなければ毎日、5倍のストレスを感じる
わけです。

これから先の人生30年、或いはもっと長い年数、苦労しながら
ストレスためながら、
このまま仕事を続けていくのですか?

もういい加減、そんな生活から抜け出しませんか?

自己流でやっても、殆どの方はできません。多くの方々のアンケートから
いえることは『結局は時間のムダになった』ということです。

ページの先頭へ