受講について

このページは、当教室で受講者される方のために記載して
おります。受講に当たって以下のご注意をお読みください。

受講日時

月曜日から金曜日
午前10時から午後7時半まで

土曜日
午前10時から午後5時まで

日曜日、祭日は原則お休みです。
勿論、ご要望がおありでしたら、
日曜、祭日でも、上記時間外でもお受けします。

【教室への行き方】

飛行機の方は福岡空港で、福岡市市営地下鉄に乗り、
姪浜駅(めいのはまえき)で下車してください。
 福岡空港から、姪浜駅までは約25分。

新幹線、電車の方はJR博多駅から福岡市市営地下鉄に乗り、
姪浜駅(めいのはまえき)で下車してください。
 博多駅から姪浜駅までは、約19分です。

あとは以下の地図を参考にお越しください。

『★アクセスマップ・教室への行き方★』

受講日一週間前から、受講当日まで

受講一週間前になりましたら

タイピングのための手指の運動

レッスンの中で、特に左手の小指と薬指の腱が痛くなります。
よろしければ、その指の運動やマッサージなどをされていますと
痛みも少ないかと思います。

ただし、受講される方が楽器を弾かれる方なら、
その必要は ありませんが。

そうでないなら、ぜひ1週間前くらいで構いませんので、
ご自分で手指の運動やマッサージをされるようにお勧めします。

とくに左手のほうを念入りに。

レッスンの時に腱の痛みを抑えるための
手指の運動の映像を以下からご覧ください。

タイピングのための手指の運動

私は理学療法士とか、鍼灸師とかではありませんので、この手指の運動は、
私のレッスン上の経験からお話しているものです。

レッスンしていて、受講者の方たちが、痛みを感じる部分を、
皆さん同じようなマッサージの動作をされたので、それをお教えしています。
それを受講前からやっていただくと、皆さん痛みは少ないようです。

このマッサージをやっていただくと、受講当日になるほどと
思われるでしょう。皆さんそうですから。

遅くとも4~5日前には、はじめてください。

受講当日は、体調を整えてお越しください。

受講当日ご持参いただくもの

返金保証を受けるために 以下のものが必要です。

免許証 もしくは写真入で生年月日の記載があるもの
(40代までの年代であることを確認するため)

携帯電話 or スマホ
(アドレスと簡単な挨拶文を入力するのに数分で
できるかどうか確認するため)

録音、撮影は一切禁止です。

守秘義務

当教室の6時間でできるタイピング講座を
受講された方には守秘義務がございます。

本当に、私にできるのかな?

たいていの方は、いえ、受講をお考えの方は全員、
ご心配かと思いますが、HPにも書いていますとおり、
60代の方も70代の方も12時間でできておられます。

もちろん、60代でも70代の方でも40代の方と変わらない
習得能力をお持ちの方はいらっしゃいますが、

まさか40代までの方が、60代、70代の方と同じ時間
かかるなんて普通はありえないでしょう。

まだご心配ですか?

では、20年以上の経験からお話ししましょう。まず高校生、
大学生、20代の方は、超の字がつく楽勝で覚えれます。
30代の方も楽勝で覚えれます。40代半ばまでの方も楽に覚えれます。

もちろん例外的な方はおられます。しかしその割合は、
20年以上の経験から申し上げますが、各年代にお一人か、
お二人くらいです。20年以上の年月の間でその人数です。
だから99.9%の方は大丈夫だということです。

今まで全員6時間でできておられますから、ご安心ください。
ただし、ちゃんと携帯・スマホでメールが普通にできることが条件ですよ。

それでも、まだ心配ですか?では、お客様の声のところをご覧ください。
20代から50代の方までの動画がたくさん載っていますから。
お一人だけ62歳の方の動画もあります。

講座内容について

時間的には3時間×2日間で、具体的な
レッスンの進め方を書いていきます。

当教室はマンツーマンでのレッスンです。

ご家族さま、社員さんたち、カップルさん、40代半ばまでの
同年代の方が同日、受講される場合は数名様での受講となります。

1日目

まず、最初に、テンキーのタッチタイピングから入っていきます。
以前、撮影した「5分でできるテンキーのタイピング」の映像があります。
(特典の5分でできるテンキーのタイピング映像です)

それをご覧いただくと、5分後にはテンキーのタイピングが
できるようになります。

なぜなら60代、70代の方でも5分でテンキーのタイピングが
できるので30代、40代、50代の方ができないはずがありません。

  テンキーの音声
まず鮎川式タイピングの肝の部分をお話しします。

医師の方から『科学的ですね』と褒められたタイピングを
マスターするために理解しておいた方がいいことを解説します。

最初に記憶のメカニズムをお話ししていきます。



記憶を司る脳の海馬の話、右脳、左脳の話、なぜ多くの方が
挫折するのか、その理由は脳の扁桃体の部分が関係しています。

そして挫折しないためにはどうすればいいのかを解説します。

経験上わかっているのですが、これを理解して進めるのと、
そうでないとでは、結果に大きな差が
出ます。

次に、『タイピングのための五つの約束事』の解説をします。
実技に入る前に、この五つの約束事をきっちり理解して進んでいただきます。

『タイピングのための五つの約束事』の1から5までを
一つ一つ解説していきます。


質疑応答をして、理解していただいているのを確認して
いよいよ実技です。

実技は、私が長い年月かけて試行錯誤しながら生み出した
テクニックを使います。イメージを使った実技で、キーとイメージを
結びつける方法です。一種のイメージトレーニングです。

イメージを使った実技


最初は不思議に思われる方もおられますが、1日目の終わりには、
この方法の有効性をしっかり理解されます。なぜなら、
実際にキーの位置を覚えていることを1日目の終わりに確認できますから。


初日は、ア行から、ヤ行まで、もしくはワ行くらいで終わります。

ここまで、ふつう3時間から3時間半くらいです。
(質疑や休憩が長くなったり、受講者の方の進み具合、疲れ具合を見ながら、
進めていくので多少時間が長引くこともあります。逆に早く終わる方もおられます)

2日目

2日目の朝一は、前日の復習です。この時点で前日習ったことを
きっちり落とし込んでいることを確認しながら
さらにガ行からパ行までの濁音に進んでいきます。

この時点でお昼前から午後1時くらいです。
皆さん、わずか、2日間、6時間足らずで、ア行からワ行、さらにガ行から、
パ行まで打てるようになったことを実際に体験でき大変喜ばれます。

そして、みなさんお待ちかねのサービス講座の
『長文入力アシスト3Basic』の解説に入っていきます。

このテクニックがあるから、短期間で準1級レベル、1級レベル、
あるいは、それ以上早い人を輩出している
のです。

特典講座 ★長文入力アシスト3Basicの実演★

わずか1回、変換キーを押しているだけです。
文章作成が楽になります。

本来、この講座だけでも、4万2千円ちょうだいします。


『長文入力アシスト3Basic』は上場企業のM商事の方が
「周りの人に教えたくない」とまで言われた方法で、文章を打つのが
とても楽になります。

そして、『長文入力アシスト3Basic』の講座が終了して、
その『長文入力アシスト3Basic』を有効にするために、
IME(変換辞書)の修正方法をお教えします。

さらにご希望の方には
パソコンやワードなどの裏技などをお教えします。

ここまで、ふつう午後2時から2時半頃です。(二日目朝10時開始として)
(質疑や休憩が長くなったり、受講者の方の進み具合、疲れ具合を見ながら、
進めていくので多少時間が長引くこともあります。逆に早く終わる方もおられます)

そして、講座終了後に、さらなる講座の内容充実のために
「受講後のアンケート」の記入にご協力をお願いしております。

----以上、講座の進め方-----

受講中は童心にかえって

受講中は、私の言われることをそのまま聞いて、
そのとおりやっていただければ良いだけです。

何も心配せずに私に任せてください。
私が言うとおりやっていかれたら

一日目のレッスンが終わった時点で、ここのHPに書いてある
ことは本当だったということが納得できますから。

受講一日目の夜はのんびりしてください

初日レッスン終了後、皆さんホテルに帰られても
練習したいとおっしゃいます。心配なんでしょうね。

でもその必要は、まったくありません。

それよりもせっかく博多に来られるのですから、
屋台やその他、軽めの観光をなさっていただいて結構です。

初日レッスン終了後ホテルで練習すると、
翌日のレッスンに支障が出ます。そんなことしなくても、
皆さん全員、100%タイピングできておられますから。

20年かけて編み出したタイピング講座ですから、
HPに書いてあるとおり、3時間×2日間以外のレッスンは
必要ありません。安心して観光などを楽しんでください。

ただ、飲み過ぎ、食べ過ぎ、遊び過ぎにはご注意下さいね。

受講二日目

二日目の朝は、ほとんど午前十時から始めます。
そして、お昼前後までに、日本語を打つために
必要なキーの位置は覚えることができます。

そして、それからは、覚えただけでは、
意味がありませんから、実際に文章を打ちながら、
入力練習をやっていきます。

そして講座終了後、
タイピングを覚えて帰ることができます。

次へ


ページの先頭へ